12 ジュンちゃん

ジュンちゃん

蓮見さま

ママのシアワセの根っこはジュン…あなたなんだよ。

推定10歳

ジュンちゃん

里親になろうと思ったきっかけ?

先代のワンコはゴールデンRで、子犬から老衰死の最期まで一緒に居ました。その貴重な経験を生かし、今度ワンコを迎える時期が来たら、里親になろう…そう思っていました。

ジュンちゃん

出会いは?

「いつでも里親募集中」をいつもチェックしていて、最初はゴールデンRを中心に見ていたのに、なぜかジュンじゅんの募集写真には釘づけに…運命的な直感でした☆

ジュンちゃん

出会った時の第一印象は?

この子…うちの子になる・・・☆(直感)

ジュンちゃん

どうして保健所(里親団体など)にいたの?

山梨県で放浪中に保護されたと聞いています。

赤い洋服、首輪…いかにも飼われていたとわかる姿で放浪していたとそうです。

ジュンちゃん

迎えたばかりの家での様子は?

あちこちを嗅ぎまわり…でもすぐに慣れた様子で爆睡・・・

山梨から静かに電車に乗って大都会新宿に来たその日は、慣れてないとか問題じゃなく、ただ疲れて眠ったのですね…(*^_^*)

ジュンちゃん

愛犬に助けられていることは何ですか?(感謝していること)

人として大切なこと・・・目に見えるものだけではなく、優しさや感謝や感動…ココロという宝物に気付かせてくれました。

だって。。。この子たち・・・ココロでしか会話できないから(*^_^*)♪

この子たちに接するように、人に対しても心をこめて接する事、心をこめて発言する事、心をこめて人を愛して行くこと・・・そんな大切なことを教えてくれたと思います。

だから今、「この人、苦手」とか「この人キライ」なんて事がないんですよ~\(^o^)/♪

ジュンちゃん

愛犬に伝えたいことは?

ジュンじゅん・・・出会って1年経ったね♪

この1年にあなたは大学病院で大がかりな検査や、まさかの膵炎発症…やっとママの元で静かにゆっくり暮らせると思ったら、たくさんの病気が見つかったね・・・

でもジュンはいつも「ママ、心配いらないよ♪」ってママのそばを離れずに逆にママの心を逞しく育ててくれたね。

あなたの小さなカラダのどこに秘められているのかと思う その強さ…毎日感動しているよ。

私はあなたを迎える時ね、「ママになるんだ!」「私が守るんだ!」そんな風に思ってたのかもしれない・・・

でも今、すっかりジュンじゅんに守られちゃってるね私♪

ママの日常の笑顔はジュンじゅんが守ってくれてる・・・ママのシアワセは笑顔が運んできてくれてるとしたら…その笑顔はジュンじゅんが作ってくれてる・・・だから・・・今のママのシアワセの根っこはジュンじゅん…あなたなんだよ。

「出会えてよかった」「今、同じ時に一緒に生きて行く命を授かってよかった」・・・

そんな風に運命的な出会いに感動したこと、感謝したことは本当に初めてだよ。

ジュンじゅんがママに教えてくれたよ・・・「ママ、大切なものは目に見えないものもあるよ」って。

ありがとうジュンじゅん。。。このアタタカイ大切なもの。。。このココロ、宝物だよ☆

ジュンじゅんはたくさんの宝物をくれてる・・・ママは何をお返ししたらいいだろう・・・

これだけは約束するね。。。

最後の瞬間まで絶対一緒にいるよ・・・

そしてもしも最後の瞬間がきても・・・その後も、永遠に忘れないからね・・・永遠にママはあなたを愛しています。。。

ありがとう・・・これからもよろしくね・・・ママの宝物のジュンじゅんへ・・・♪


天国のジュンちゃんへの「愛犬への手紙」


これから犬を飼おうと思っている方へメッセージこれから犬を飼おうと思っている方へメッセージ

誰しも子犬から飼ってみたい…子犬から育てないと懐かない…そんな思いがあるのかと思います。けれども、子犬から育てたいという人としての欲求を満たすだけでは、動物飼育は難しいと思います。

自分たち人間も赤ちゃんとして生まれ、様々な環境で育ち、その中で性格や個性が千差万別になってくるように、犬も子犬から成犬になり性格も個性も様々に現れてきます。顔立ちも変わりますし、体格だって想像した大きさとは違ってくるかもしれません。当たり前のことですが、現在、保護センターに持ち込まれる飼育放棄の理由に【吠えるから】【噛むから】【病気になったから】など、ちょっと「え???」と耳を疑うような現実が起きています。


もしも…飼う前に「子犬から飼いたいけれど…段々大きくなって、理想の子じゃなくなったらどうしよう…」とか「子犬から飼いたいけど…吠える子に育ったら困るなぁ…」とか、少しでも不安があるようならば、子犬からではなく、ある程度性格や体格が定まっている子たち…いわゆる里親募集中の子たちを是非選択肢に入れてあげてください。募集に掛かる子たちは、一度ボランティアさんの手によって人にも慣れていますし、「なんでこんなにイイ子が捨てられたの?」というようなとっても飼いやすいイイ子が居るんです。

成犬から里親になっても【成犬は懐かない】なんてこと、絶対にありません!!!かえってそれまでに人間の愛情を知らないゆえ、愛情を注いだだけ、信じられないほどに信頼関係が生まれ、お互いに離れられない存在になります。

犬をかう・・・【買う】という意識から【里親になって飼う】という選択肢を心に留めていただけたら…私も里親になってシアワセにあふれている一人として…また幸せになる人とワンコが増えたなら…何よりも嬉しいことです♪

【取材後記】

私はもちろんの事、いつも写真を撮ってくださる百井カメラマン、周りにいたスタッフ・・・みんなが号泣してしまう取材でした。

飼い主さんの素敵な笑顔、ジュンちゃんの安心したお顔。

出会えたことに感謝します。ありがとうございました。


【訃報】 2011年10月5日 ジュンちゃんはお星さまになりました☆

飼い主の蓮見さんがお手紙を書いてくれました。天国のジュンちゃんへ贈る「愛犬への手紙」をご覧ください。